街を脅かす大問題⁈空き家について徹底的に調べる!





新築信仰について

間取りや構造などの条件が全く一緒だった場合、新築と中古、どちらの物件を選ぶのかをアンケートした場合、新築の方が人気が高いと言われています。確かに、せっかくマイホームを手に入れるのであれば、人の住んでいない真っ新な状態の家を手に入れたいと考えるのも無理ありません。しかし、それは本当に正しいのでしょうか。

新築が持てはやされてきた要因として、住宅業界や建築業界などの過剰なセールスが挙げられます。購入を促す際に、利幅の大きい新築物件を勧めるが余り、魅力のある中古物件までないがしろにしてしまったという歴史があるのです。世帯の所得によっては、新築物件に手が届かないけれど、中古物件ならマイホームが手に入るという層があったとしても、こうした過剰な新築信仰によって、中古物件は除外されてきました。このことから空き家が増えてきたとも言われています。

新築よりも中古物件の方が、現在では少しずつ人気が高まっていると言われていますが、今のままの認知度では、空き家は増え続けていく一方でしょう。業界を挙げて、この中古物件の素晴らしさを今一度再確認することによって、空き家物件の解決の糸口が見つかるという意見もあるほどです。